おひるねアートは日本おひるねアート協会の登録商標です

殿堂入りアーティスト

講師名
西原ゆみ
活動エリア
さいたま市 上尾市
  • instagram
  • blog
ステータス
殿堂入りアーティスト
フォトグラファー

自己紹介/実績

9歳5歳1歳の3児の母であり、協会のなかでも全国で3人しかいない殿堂入りアーティストです。

おひるねアート界で人気の、スノードームやかるたアート、母子手帳アートの発案者です。
また、池袋サンシャイン水族館とのコラボアート、リトルママツキイチアートの表紙アートも手がけております。

取得資格

幼稚園教諭一種,保育士,富士フィルムイメージングシステムズ株式会社認定アルバム大使,UN-DECORロゼット認定講師,NPOわらべうたベビーマッサージ研究会認定講師,アート&クラフトDUO認定インストラクター

おひるねアートを始めたきっかけ

2014年第2子が2歳の頃おひるねアートに出会い、赤ちゃん大好き!おもちゃや雑貨が大好き!そして写真を撮ることが大好き!と、自分の大好きが詰まった「おひるねアート」の世界に魅了されました。
私自身、1人2人目育児の時は、たくさんの方々や居場所に支えられてきました。今度は私が、育児を頑張るママたちの力になれないか?居場所を作れないか?と思い、講師になりました。

おひるねアートをやってよかったこと

お子さまの笑顔はもちろんのこと、ママたちがお子さんを「可愛い~」と笑顔になっているのをみると、私も嬉しくなります。
また、「ゆみ先生に出逢って、育児が楽しくなりました!」「とっても記念になりました!」と、爽快な顔をして、撮影会から帰られるときに、やっていて良かったなと思います。

そして、私自身も、おひるねアートを通して育児が楽しくなりました!
どんなことをしたら子どもが嬉しいか考えながら関わることで、コミュニケーションが深まり、写真としても残せ、思い出がより鮮明に残せるようになりました。

作品サンプル

TOPへ戻る