おひるねアートは日本おひるねアート協会の登録商標です

おすわりアート

講師名
ふくもと けいこ
活動エリア
佐賀県佐賀市 佐賀県武雄市
HP
https://linktr.ee/ohiruneart_precious
  • facebook page
  • line-at
  • instagram
  • blog
ステータス
おすわりアート

この先生の撮影会・イベント・教室情報を見る

自己紹介/実績

初めまして

私は、2016年生まれ娘と2019年の息子をもつ2児の母です。

私のアイデアで親子の元気と幸せを増やしたい☆
ただいま「カウンセラー」になるため勉強している『おひるねアート』講師です。

佐賀県在住の講師は私一人。
ちょっぴり心細いですが、自分の中の〇△◇をテーマに活動しています。


〇・・・ご縁をつなげ、悩みを減らすお手伝いをすること。
△・・・三世代共生(世代を超えて支えあえる環境を作る)
◇・・・自己表現をして「幸せの四角形」を大きくすること。

娘の成長に合わせて、自分の理想を追い求めていきます。

取得資格

おひるねアートを始めたきっかけ

佐賀市で開催された数人限定「ベビーマッサージ&おひるねアート」のコラボイベント。

初めて我が子と向き合う日々
理想と現実のギャップ
仕事から社会から離れていることへの不安とストレス

大きい時期でした。

その当時、佐賀ではおひるねアートがあまり知られていないし講師がいませんでした。
だから、より特別な時間でした。

アートを作っていくのを見て

「楽しそう!」

気持ちは高ぶりました。

娘を寝かせて、声をかけたり笑いかけたり。
それに応えるかのように足をバタバタさせて笑う愛娘。

写真を見た時、「赤ちゃんがいるからこそこんな楽しいことができる」んだと気づかされました。

今でも、撮った写真を親子で見ながら「可愛い」ってほほえみます。

また、私には赤ちゃんの頃の写真はありません。
結婚式で使う写真を探している時に、夫は生まれたての写真が沢山あるのに私は3歳の写真1枚しかななかったんです。
家族はどんな風に私を抱っこしていたのか、どんな顔で私を見たのだろう。夫がとても羨ましかった。
この2つの事から、寝顔・笑顔・泣き顔、どんな顔でも未来の子供へ残すサポートを、そして親子で「色」と「楽」を感じる時間を広めていこうと決め、この世界に飛び込みました。

おひるねアートをやってよかったこと

1.子供と一緒にアートを考えて作っている時が楽しい
2.沢山の親子の出会い、縁がつながっていくことが嬉しい
3.信頼できる友人や夫が協力的になって後押ししてくれる度に幸せな気持ちになる

作品サンプル

TOPへ戻る