第6回目・赤ちゃんの撮影でおすすめのシチュエーション

こんにちは!日本おひるねアート協会代表理事の青木水理(みのり)です。

今回は赤ちゃん撮影でお勧めのシチュエーションを紹介します。

 

1.沐浴シーン

IMG_2359

沐浴って、余裕が無くて結構撮らないんですよね。

そして撮ったとしても、夜の蛍光灯の下での撮影が多いので、なんだか肌も生々しい感じに写ってしまいます。

なので、沐浴は少し時間をずらしてあえて自然光がいっぱい差し込むお部屋で撮るのがお勧め。

(お部屋の温度管理も忘れずに!)

沐浴のときは赤ちゃんも肌かんぼう。

可愛いお肌を見たままに残すことが出来ます。

2.裸の写真

IMG_2478

赤ちゃんの小ささが一番わかるのが裸の写真。

思い切ってオムツもとって、すべすべのお尻も残しておきましょう。

この格別の可愛さは今だけの特権です。

特に、冬生まれの赤ちゃんは意識して撮影しましょう!

なぜなら、夏生まれの赤ちゃんより断然厚着になってしまうので

「気がついたら裸の写真が一枚も無かった・・」

ということになりかねません(笑)

3.手や足のアップ

STORY-8

いまやお馴染みのこのシチュエーション。

ちょっと人手間加えて、ママの手やパパの手、上のお子さんの手も一緒に入れると、赤ちゃんの手の小ささが強調されます。

ママとパパの結婚指輪を握らせたり、足にかけたりするのも素敵ですよ。

4.泣き顔

IMG_2419

赤ちゃんの笑顔も良いけれど、あえて泣き顔を残しておきましょう。

なぜなら、力いっぱい泣く姿は今だけしか撮れないからです。

撮っておかなくて一番後悔するのも実はこの泣き顔なのです。

一生懸命、顔をくしゃくしゃにして泣く姿。

後から見返すととっても良い思い出になるものですよ。

5.パパとママと一緒の写真。

12990990_1596374514015521_5170670851713454610_n

赤ちゃんの写真ばかり撮ってしまって、ついつい、パパとママと一緒に撮るのを忘れてしまう・・ということも多いです。

特にパパ!

ママを撮ってあげていますか?

たくさんのママから聞く言葉は

「私はパパと赤ちゃんを撮ってあげているのに、パパは私と

赤ちゃんの写真を撮ってくれない・・・」

なんですよ(笑)

ぜひ、積極的に撮ってあげてくださいね。

赤ちゃんを見つめるパパとママの優しいまなざし。

お子さんが大きくなったときに、何よりも嬉しいプレゼントになります。

たくさん、家族の写真を残してくださいね。

次回はいよいよ最終回。

「おうちでスタジオもいいけれど」

一番大事な思い出の残し方のコツをご紹介します!