第1回目・まずは環境を整えましょう

おうちをスタジオみたいにする方法の大前提として、まずはこれだけ絶対に守ってほしいものがあります。

それは・・・光!

IMG_4697

しかも、太陽の光=自然光です。

自然光というだけで、赤ちゃんを可愛く撮る方法の8割はクリアです。

もちろん、ストロボなど、特別な照明機材があれば別ですが、普通のおうちにはなかなか無いですよね。

かといって、カメラについているフラッシュの光では、赤ちゃんの可愛さが台無し。

DSCF5641

すべすべのお肌、キラキラと輝く瞳を残すためには・・・

とにかく、自然光が必須条件です!!

IMG_5450

というわけで、合言葉は「自然光」

ぜひ覚えておいてくださいね。

でも、いくら自然光だからといって直射日光があたってしまっては、 こちらも赤ちゃんの肌の柔らかさの魅力が半減してしまいます。

直射日光があたると、赤ちゃんに影が強く出てしまって、 赤ちゃんの柔らかい雰囲気が出せないのです。

これをカメラ用語では硬い光と言います。

反対に、影がふんわり出る光を柔らかい光と言います。

赤ちゃんを撮るときには、肌のふわふわ、すべすべの質感を残すことが大事です。

なので、自然光でも直射日光があたらない場所を選んだり、 レースのカーテンなどを引いて柔らかい光にしておいてくださいね。

IMG_0706

これは、自然光以外にも使えます。

もし、昼間にお写真を撮る時間が無くて、夜にしか撮れないんです・・

という方は、蛍光灯の光を柔らかくする方法をお伝えします。

それは、蛍光灯に薄手の白い布を一枚かぶせて撮るだけ。

DSCS4631

それだけで硬い光を緩和できます。

ぜひ試してみてくださいね。

次回は

「撮影に一工夫」

自然光を最大限生かしたお部屋の作り方についてお話します。

これをするだけで、おうちの中がスタジオに早変わり。

覚えておくといつでも使えるとっておきの方法です。

どうぞお楽しみに!